アルテック株式会社
飲料システム特設サイト

コラム

ペットボトルの造り方とお勧めのブロー成形機

最終更新日:2023.12.19多品種異形状の容器成形

ペットボトルはPET樹脂を原材料として製造されます。そしてその製造過程は、プリフォーム成形とブロー成形の大きく2段階に分けることができます。

ブロー成形機 製品情報はこちら

プリフォームの成形

第1段階としてプリフォームと呼ばれる、PETボトルを成形する前の原型となる材料を製造します。
PET樹脂のペレットを加熱し溶解させて、金型に高温高圧で射出充填することで成形します。冷却し金型から外すと、試験管のような形のプリフォームが完成します。

プリフォームの成形

ペットボトルの成形(ブロー成形)

第2段階では成形したプリフォームを再度加熱し、柔らかくした状態で金型にセットします。そしてプリフォームの内側を延伸ロッドで伸ばしながら高圧を吹き込んで膨らませることで、金型の形状に成形します。この過程をブロー成形と呼びます。

ペットボトルの成形(ブロー成形)

ペットボトルの成形にはホットパリソン法とコールドパリソン法があり、上記はコールドパリソン法の過程です。
ホットパリソン法について簡単に解説すると、プリフォームの製造を介さずにペットボトルを製造する方法です。しかしプリフォームの成形とブロー成形の工程を分けた方が生産性を高められるため、コールドパリソン法が広く採用されています。
また、ペットボトル製造においてプリフォームを仕入れて、自社でブロー成形のみ行うことで、投資コストが抑制できるというメリットもあります。

詳しくは コラム ペットボトルのブロー成形

製品・サービスの紹介

コールドパリソン法によるペットボトル製造のために必要な製品・サービスをご紹介いたします。

コストメリットがあり
様々なペットボトル製品の商業生産に適したブロー成形機

最小250mlの小型ボトルから最大15Lの大型ボトルまで、幅広い容量のペットボトル製造に対応しています。大量生産に適しており、コストを抑えながらも高品質なペットボトル成形が可能です。

ペットボトルをはじめとした様々な容器の研究開発や
多品種少量生産に適したブロー成形機

あらゆる形状のデザインの容器成形することができるストレッチブロー成形機です。金型やマンドレルの交換を含む全ての型替え作業を、容易かつ極めて短時間で行うことができます。一台の装置で多品種・異形状の容器の小ロット生産が可能です。

サービス

弊社ではペットボトル製造に必要なプリフォームを、自社グループの工場で製造しております。ブロー成形機だけでなく、プリフォームの供給についてもぜひご相談ください。

関連記事

Contact

お問い合わせ・
ご相談はこちらから

「飲料システムについて」とお伝えいただくとスムーズです。
お気軽にお問い合わせください。